横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市金沢区西柴にてチョーキングが多く見られるキュービクルを日本ペイントのファイ.....

    横浜市金沢区の施工事例

    横浜市金沢区西柴にてチョーキングが多く見られるキュービクルを日本ペイントのファインSi(ND-102)にて塗装致しました

    【施工前】
    塗装前のキュービクルの様子

    【施工後】
    ファインSiのND-102にて塗装したキュービクル

    【お問い合わせのきっかけ】

     キュービクル、高圧受変電設備の外観の汚れが気になるとの事で横浜市金沢区西柴にある会社様より点検調査のご依頼を頂きました。きっかけは普段から会社の設備の点検を任せている電気保安管理の業者さんの点検との事です。内部はまだ綺麗だが、キュービクル全面に汚れが多く見られる為に塗装が必要と指摘されたとの事です。しかしキュービクルの塗装をしてくれる業者がすぐに見つからずに色々とネットで調べられている最中に街の外壁塗装やさんを見つけ、ここならやってくれるかもとお問い合わせを頂きました。
     現地に伺いますと、まだ10年も経過していないとの事でパッと見た所の外観には錆などの傷みは見当たりませんでしたが、その後細かい所までじっくりと見させて頂いたところ、チョーキングが発生してたりキュービクルの天端や扉の下の方、縁に錆が散見されました。このままではキュービクルにとっても大敵な雨水や埃や汚れ、または害虫の侵入を許してしまう可能性が有る為に、保護を目的とした塗装工事を行う運びとなりました。
     キュービクルは鋼板、鉄で出来ておりますので錆止め塗料を塗装してから仕上げを行います。今回は関西ペイントの錆止め塗料ザウルスEXIIと仕上げには日本ペイントのファインSiを使用し、塗装工事のメンテナンスを行いました。同じ様に大型商業施設や建物、例えば病院や介護施設などを運営、管理されている方のご参考になればと思います。
     最近になり再び感染者が急増しているコロナウィルスですが、街の外壁塗装やさんでは引き続き消毒やマスク着用の徹底などを行い現地にお伺いさせて頂きます。


    担当:新海


     キュービクル、高圧受変電設備の外観の汚れが気になるとの事で横浜市金沢区西柴にある会社様より点検調査のご依頼を頂きました。きっかけは普段から会社の設備の点検を任せている電気保安管理の業者さんの点検との事です。内部はまだ綺麗だが、キュービクル全面に汚れが多く見られる為に塗装が必要と指摘されたとの事です。しかしキュービクルの塗装をしてくれる業者がすぐに見つからずに色々とネットで調べられている最中に街の外壁塗装やさんを見つけ、ここならやってくれるかもとお問い合わせを頂きました。
     現地に伺いますと、まだ10年も経過していないとの事でパッと見た所の外観には錆などの傷みは見当たりませんでしたが、その後細かい所までじっくりと見させて頂いたところ、チョーキングが発生してたりキュービクルの天端や扉の下の方、縁に錆が散見されました。このままではキュービクルにとっても大敵な雨水や埃や汚れ、または害虫の侵入を許してしまう可能性が有る為に、保護を目的とした塗装工事を行う運びとなりました。
     キュービクルは鋼板、鉄で出来ておりますので錆止め塗料を塗装してから仕上げを行います。今回は関西ペイントの錆止め塗料ザウルスEXIIと仕上げには日本ペイントのファインSiを使用し、塗装工事のメンテナンスを行いました。同じ様に大型商業施設や建物、例えば病院や介護施設などを運営、管理されている方のご参考になればと思います。
     最近になり再び感染者が急増しているコロナウィルスですが、街の外壁塗装やさんでは引き続き消毒やマスク着用の徹底などを行い現地にお伺いさせて頂きます。


    担当:新海


    【工事内容】
    部分塗装 その他塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    日本ペイント ファインSi(ND-102)
    施工期間
    1日
    築年数
    9年
    施工金額
    16.7万円
    お施主様
    N様
    ハウスメーカー
    地元工務店
    商業施設アイコン貸し店舗アイコン低汚染塗料

    【調査時の様子】

     

    キュービクルの表面に多数のチョーキング グローブに大量に粉が付着している様子

     

    とある基地局のキュービクルです。高圧受変電設備は法に基づき安全性を確保するために定期的な保安点検が必要です。その保安点検の際に管理している業者さんより、キュービクル自体に色褪せや錆が少し見られるのでメンテナンスをした方がいいとアドバイスを受けたそうです。そこで、キュービクルの塗装でのメンテナンスを行っている、もしくは実績のある会社をネットで探されている時に街の外壁塗装やさんへたどり着きお問い合わせを頂きました。

    さっそく現地調査にお伺いしますと全面に退色、色褪せがすぐに確認できました。キュービクル自体は鋼板、鉄で出来ておりますので表面を保護してくれる塗膜があります。しかし、鋼板で出来たキュービクルのどこを触れてみても写真右の様にグローブに白い粉が付着します。これはチョーキングが起きている証拠です。塗膜を形成している顔料が保護されなく表に滲み出てくるとチョーキングが発生します。塗膜が劣化し機能しなくなっている証拠でもあります。

    特にキュービクルの場合、塗膜で保護されなくなりますと鉄で出来ているキュービクルの外箱が雨水などで腐食し錆が生じたり、そこからの埃の侵入が始まってしまうと大事故に繋がりかねません。キュービクルは大型施設に設置されており、電気の供給が止まってしまうと大変です。早めのメンテナンスや保護が必要です。

     

    錆の様子 下端が錆で塗膜が剥がれている

     

    一見して錆は見受けられませんがよくよく調査を進めますと、外箱の下端にあたる所に小さな錆が見つかりました。一か所だけではなく多く散見されます。雨が降った時などに土台に落ちてきた雨水が跳ねたり、また上から伝わってきた水が切れる縁に多く錆が確認できます。しゃがみこまないと分からない所ですので、どこがまず傷んだりするかどうか分かる業者が調査をしませんと、このような劣化を見逃してしまう事もあります。街の外壁塗装やさんでは商業施設や病院、介護施設などのキュービクル塗装の実績も多くございます。

    今回は内部は特に塗装しなくても問題ありませんでした。それでは施工の様子です。

     

    【施工の様子】

     

    塗る所塗らない所を切り分ける養生をしてから、ケレン作業 天端も同様にケレンを行う

     

    戸建住宅の塗装工事でも同様ですが、鉄部に塗装する際は既存の汚れや錆を落とし切る、また塗料の食いつきを良くさせ長持ちさせるように「ケレン作業」が最初の工程となります。

    鉄部の塗装はケレン作業をしっかりと行ったかどうかで、その後に塗装します塗料のもちが変わってまいります。せっかくいい塗料を塗ったとしてもケレン作業がしっかりと行われておりませんと、台無しです。それらを防ぐ為にケレン作業はとても重要です。

    同時に写真左にありますように、塗る所と塗らない所の切り分ける為に養生も実施致します。ハンドルなどは塗装致しませんのでマスキングをして養生を実施致します。

     

    エポキシ系錆止め塗料 仕上げには弱溶剤系のファインSi

     

    ケレン作業が終わった後は下塗りとして錆止め塗料を塗ります。今回は1液のエポキシ系錆止め塗料である関西ペイントのザウルスEXIIを使用致します。仕上げには耐久性を考え2液の弱溶剤シリコン系塗料である日本ペイントのファインSiを使用致します。どちらも耐候性や耐久性を備えた鉄部塗装には定評のある塗料でもあります。キュービクルの様に内部に漏水したら事故に繋がりかねない場所には特に耐候性耐久性を備えた塗料で塗装するのが一番かと思われます。

     

    ケレン後に錆止めを塗布 仕上下に使う塗料の色に合わせて錆止め塗料の色も変わります

     

    まずはローラーで錆止めを下塗りとして塗り込みます。ザウルスEXIIは速乾性の塗料でもありますので、一般的なキュービクルであれば一日で仕上がりの工程までいける作業性の良い塗料でもあります。錆止めを側面だけでなく、天端も塗ります。しっかりと乾燥時間を待ちましたら仕上げにファインSiの出番です。色番はよく鉄部塗装工事時に使われるグレーやアイボリーと似ているND-102にて塗装致します。仕上げは二回塗りです。

     

    仕上げの二回塗り 脚立を使用し天端もしっかりと塗装致します

     

    仕上げに使いますファインSiは1液ではなく硬化剤を使用する2液塗料です。1液よりも主剤と硬化剤からなる2液の塗料の方が耐久年数が高い為に、外部に使用する塗料では2液の物が使われる事もあります。ただし、現場で配合する為に職人の腕が問われる塗料でもありますので、取り扱いが難しいといえるでしょう。しかし、1液の塗料も近年では改良されてきており、それだけでも問題なく性能も申し分ないものも多くございます。1液の塗料で塗装しても問題ありません。

    しかし、このようなキュービクルの塗装の場合は、2液性の塗料を塗っておくともちが良く万が一が起きにくくはなりますので、できれば2液性の塗料を使うのが望ましいでしょう。

     

    下端までしっかりと塗装 裏側も日当たりが悪いのですが光沢が蘇っている様子

     

    キュービクルは側面の鋼板だけではなく地面に近い下端の折返しなど、立ってみているだけだと分かりにくい場所もしっかりと塗装して保護しておかなければなりません。綺麗に塗装が終了しただけではなく、必要な箇所全てしっかりと塗装してあるかどうかの確認もしませんと意味がありませんので、塗装後のチェックも街の外壁塗装やさんでは重要視しております。

    今回は問題なく、キュービクルの外箱の塗装を行う事が出来ました。

     

    キュービクル塗装工事完了

     

    横浜市金沢区西柴にてキュービクル塗装工事が無事に竣工となりました。キュービクルは建物の裏手や屋上など、普段は目に入らない所に設置されている事が多く、劣化してしまっていたとしても気づきにくいと思われます。戸建住宅も同様ですが、塗装でのメンテナンスをしていませんと、大がかりな修繕が必要になったり、特に高圧受電の為のキュービクルは雨水や埃、汚れが原因で大事故に繋がりかねません。定期的に塗り替えが必要です。劣化しているかどうかは目視でも簡単に行えますが、できたら触ってみて手にチョークの粉が多く付着したら塗り替え時です。業者に頼まなくても確認はできます。ただし、安全には気をつけねばなりませんので点検時は専門業者に依頼するのがいいでしょう。

     

    この度はご利用頂きまして誠にありがとうございました。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-09-08
      横浜市神奈川区神大寺で外壁塗装と一緒に行なった、庇(ひさし)の塗装をご紹介いたします

       横浜市神奈川区神大寺のM様邸にて行なった庇の塗装の様子をご紹介いたします。外壁塗装では、外壁の塗装以外に付帯部と呼ばれる雨樋や軒天などの塗装も行います。お住まいの中でも付帯部はあまり気にしない方が多いかと思いますが、お住まいにとってとても重要な役割を持って...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-08-06
      川崎市中原区上小田中にてお住まいの点検調査、屋根塗装と一緒に破風のメンテナンスも行いましょう!

       川崎市中原区上小田中にお住まいのH様より「屋根と外壁の塗装を検討している」と点検調査のご依頼をいただきました。私たち街の外壁塗装やさんでは、お住まいの状態にあった工事をご提案させていただくためにお見積もり作成の前に点検をさせていただいております。点検からお...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-08-02
      神奈川区富家町で塗装検討中の木製の柵を調査しました

      オシャレな木製の柵  神奈川区富家町にお住まいのお客様より、2年程前に設置した木造の柵が汚れてきたので塗装を考えているというご相談をいただき、現場を確認してきました。黒い外壁に木製の柵がオシャレに映えていて素敵な造りのお住まいでしたが、無垢の木...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ