横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市鶴見区元宮での点検調査、片流れ屋根は劣化しやすいので定期的にメンテナンスを.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市鶴見区元宮での点検調査、片流れ屋根は劣化しやすいので定期的にメンテナンスを実施しましょう

    更新日:2021年1月15日

     横浜市鶴見区元宮にお住まいのY様よりお問い合わせをいただきました。お住まいの状態を確認するために現地調査に伺いましたので、その様子をご紹介いたします。街の外壁塗装やさんでは、マスクの着用やこまめな消毒、ソーシャルディスタンスの確保など新型コロナウイルス対策を引き続き徹底してお客様のお住まいへ伺っております。
    Y様邸

    10年を目安に塗り替えを行いましょう

    色あせ苔
     Y様邸は片流れ屋根のお住まいです。片流れ屋根は、日光の当たりやすい方角であれば太陽光パネルの設置に向いています。また屋根の面積が少ないのでメンテナンス費用を抑えることができるのもメリットです。Y様邸は急勾配の屋根でしたので慎重に登ると、スレート屋根の劣化症状である色あせによって屋根の色がまだらに見えていました。またスレートとスレートの隙間には苔が発生していました。スレートは防水機能を持っていないため塗料を塗って防水する必要がありますが、経年で塗料が劣化するとスレートが雨を吸収してしまいます。そうすると苔の発生だけでなく、ひび割れや欠けの原因に繋がりますので、10年を目安に屋根塗装をすることをおすすめします。

    雨樋の詰まりは屋根に影響を及ぼします

    雨樋のつまり雨樋のつまり
     Y様は雨樋から水が溢れているとお困りでした。調査を行うと、通常は雨樋を伝って下へ流れているはずの雨水が溜まってしまっていました。原因は雨樋に落ち葉や砂が溜まっていることです。片流れ屋根は、一方向にしか屋根がないため屋根を流れる雨水が1箇所の雨樋へ集中してしまいます。そのため片流れ屋根のお住まいでは雨樋の定期的なメンテナンスが重要です。雨樋が詰まることで屋根にも影響を及ぼします。右の写真では、雨樋に溜まった雨水をスレート屋根が吸収してしまい、変色しているのがおわかりいただけるでしょうか?スレート屋根が雨水を吸収し続けると、スレートの下の防水紙や野地板を劣化させてしまいますので、屋根塗装に加えて雨樋の補修または交換も必要です。

     上記の調査内容をY様へご報告し、屋根塗装工事と雨樋交換工事をご提案させていただきました。


     記事内に記載されている金額は2021年01月15日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-10-03
      横浜市青葉区荏田西にてアーバニーを調査。屋根塗装で色褪せ、苔を改善しましょう

       横浜市青葉区荏田西にて、アーバニーという製品が葺かれていた屋根を調査しました。調査のきっかけはお客様から屋根塗装を検討しているとご相談いただいたことです。屋根の状態によっては屋根塗装が適さない場合もございますので、まずは現地にお伺いし屋根の調査をしていきま...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-10-01
      相模原市南区上鶴間でスレート屋根塗装と棟板金交換工事をご提案。塗膜や棟板金の重要性とは

       相模原市南区上鶴間で、スレート屋根の塗装と棟板金の交換工事をご提案させていただいたお客様の、現地調査の様子をご紹介いたします。 お住まいが築20年になるというお客様より、屋根のメンテナンスをしたいとご依頼をいただいたことが今回の調査のきっかけでした。棟板金...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-09-29
      横浜市鶴見区駒岡で屋根の一部がなくなったとご相談。防水紙が露出しています。

       横浜市鶴見区駒岡で、「スレート屋根の一部がなくなっているため見てもらいたい」とご依頼をいただき、調査にお伺いしました。お隣にお住まいの方からの指摘で今回の状態が発覚したそうです。屋根の一部がなくなっている場合、雨水が下地部分へと直接当たることになるため劣化...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ