横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港北区富士塚にお住まいでは外壁材のサイディングが浮き上がっている箇所があり.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港北区富士塚にお住まいでは外壁材のサイディングが浮き上がっている箇所がありました

    更新日:2021年3月21日

     横浜市港北区富士塚にお住まいのM様よりお問い合わせを頂きました。前回の外壁塗装を行ってから10年が経過し、外壁の塗り替えを検討しているので状態を知るためにも、調査をお願いしたいとのことでした。早速現地に伺い調査をしていきます。なお、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、調査、点検、工事は安心してお任せください。

     

    塗装がめくれあがっています

     

     まず外壁を見て最初に気が付いたのは、外壁材のサイディングの継ぎ目部分の塗装が剝がれかかっていることです。このような剝がれ方は外壁が雨風に晒され続けて起きる経年劣化のひとつです。このような経年劣化が他の箇所にもあると考えられます。

     

    シーリングの劣化も見られます

     

    シーリングも少し雑に見えます シーリング材が劣化して以前の塗装が見えています

     

     サイディング外壁では、サイディングボード同士がぶつかる箇所には縦にシーリング材を打ち込みます。このシーリング材が隙間を埋めることで、外壁に雨水が入り込まないようしてくれます。左上の写真はシーリング材を多めに打ち込んであるものの、見た目があまり良くありませんね。このような打ち込み方をする必要があったのかもしれません。また、右上の写真で赤く囲った箇所はシーリング材が経年による劣化で痩せてしまったせいか、白っぽい色が見えます。このような小さな隙間も放置しておくと徐々に大きくなっていく可能性もあるので注意が必要です。

     

    サイディングボードが浮き上がっています

     

    外壁材のサイディングが浮いているようです 下から見ると隙間の大きさがわかります

     

     調査を進めていくと、一か所サイディングボードが浮き上がってしまっている箇所がありました。右上の写真はその箇所を下から撮影したものです。こう見ると隙間の大きさがよくわかります。おそらくサイディングボードを固定するために打ち込まれていた釘が緩んでしまって、気温の変化などによって伸縮を繰り返す性質をもつサイディングが少しずつ反り返ってしまい、このような隙間が出来てしまったと考えられます。剝がれているところが下を向いているとしても、このくらいの隙間が開いていると雨水が入り込むには十分です。雨漏りの原因にもなりかねません。もしかしたら、先程の写真でシーリング材が多めに盛られていた箇所は、その隙間を埋めるためだったのかもしれません。浮いたサイディングボードは再度塗装を行う際に、ビスを打ち込むなどして固定する必要があります。

     M様は、もともと塗装をお考えになっていたこともあり、タイミング的にも再度外壁塗装を行うことで、この先も安心してお住まい頂けると思いますとお話をさせていただきました。

     

     私達、街の外壁塗装やさんでは、調査を行ったうえで、お客様のご希望に沿ったご提案をさせて頂きます。お住まいの外壁のことで、不安なことや気がかりになっていることがございましたら、お気軽にご相談ください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-01-23
      横浜市青葉区鉄町にて片流れ屋根の点検調査、スレートの塗膜の経年劣化が始まっており塗装のメンテナンスが必要でした

       横浜市青葉区鉄町にお住まいのお客様より、築10年前後経過した事と訪問業者に屋根の事で指摘を受けたとの事もあり、私たち街の外壁塗装やさんへご相談を頂きました。  まだ築が浅いのですが、お住まいは立地や環境によってメンテナンス時期が変わってまいります。そ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-01-21
      横浜市栄区上之町にて築10年を過ぎたお住いの調査、日陰になりやすい外壁面には苔が発生しています

       横浜市栄区上之町にお住いのお客様より、「築10年が過ぎたので家のメンテナンスを考えている」とのお問い合わせを頂きました。ご自身でお住いのメンテナンスについてお調べになった際に、新築時の塗料はおよそ10年前後で塗り替えた方が良いと知り、お問い合わせのきっかけ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-01-19
      横浜市鶴見区馬場でアパートのスレート屋根をファインパーフェクトベストのミラノグリーン、ALC外壁をプレミアムシリコンのSR-405で塗装!

       本日は、昨日高圧洗浄とシーリング工事の様子をご紹介した、横浜市鶴見区馬場で築23年になるアパートの屋根・外壁塗装の様子をご紹介いたします(高圧洗浄とシーリング工事のブログはこちら)。 屋根塗装  まずは屋根の塗装です...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ