横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市中原区下小田中でサビが酷いアパートの鉄骨階段を塗装工事でメンテナンス

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市中原区下小田中でサビが酷いアパートの鉄骨階段を塗装工事でメンテナンス

    更新日:2021年6月10日

     川崎市中原区下小田中でアパートの外階段の調査をおこないました。

     アパートの外階段は鉄骨製で、常に雨曝しの状態で定期的に塗装工事をおこなっているそうですが、鉄骨のサビが出てしまい塗膜を持ち上げていました。鉄骨自体が腐食するまでの劣化状態ではありませんが、サビが酷くなれば鉄骨を傷めてしまいますので、現在サビが出ている部分の処理と併せて雨水が回りにくい状態にする必要があります。

    鉄骨階段の傷みの状態を確認します

    アパートの鉄骨階段 踏み面にシートが張ってあります

     アパートの二階へ上がるために設置された鉄骨製の外階段です。鉄骨のフレームの上に滑り止めの長尺シートが張ってあります。何度か塗装工事でのメンテナンスをおこなっているそうですが、サビが大分出ていました。

    サビで塗膜が劣化しています サビが出たのは雨水が溜まった事

     鉄骨の踏み板の上にコンクリートを打ち長尺シートを貼っているのですが、隙間から入り込んだ雨水が箱状になっている鉄骨に溜まりサビを発生させていました。

     この様にならない為に水抜き穴が有る場合が多いのですが、調査したアパートでは水抜きがありませんでしたのでサビの進行を早めてしまった様です。

    長尺シートも張り替えます

    床に貼ったシートが浮いています

     靴で踏む部分『踏み面』には滑り止めのシートが張ってありましたが、雨水などの湿気によって剥がれて浮いていました。この様な所から更に雨水が入り込んでしまいますので、鉄骨部分の塗装工事と併せて長尺シートも張り替えます。

     川崎市中原区下小田中で調査したアパートの鉄骨階段は、サビて塗膜が劣化していましたので、塗装工事と長尺シートの張り替え工事でこれ以上劣化しない様にする事になりました。

     私たち街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


     記事内に記載されている金額は2021年06月10日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ