横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 厚木市林にて雨漏りで傷んだバルコニー下の板を交換

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    厚木市林にて雨漏りで傷んだバルコニー下の板を交換

    更新日:2022年3月19日

     厚木市林にお住まいのお客様より「バルコニーの下部分に穴が開いてしまった」とのご相談をいただき現地調査へ伺いました。バルコニーとベランダの違いは、屋根があるのはベランダ、屋根がないのはバルコニーとなります。いずれも、2階以上で建物から張り出して設置されているものを指します。今回は、バルコニーの点検・工事についてご報告します。

    状況確認:バルコニー下部分

    ベランダ下穴あき
    バルコニー軒天雨漏り

     バルコニーは、建物の端から端までひと続きでのタイプでした。幅も広くとられていました。バルコニーの下部分を確認すると、片側の端に穴が開いていました。バルコニー下部分の板⇒軒天と同様になります。穴が開いた部分の板をはじめ、雨染みが端から端まで続いていました。この状態のままでは、状態が悪化してしまいます。また、穴が開いた状態では、鳥が巣を作るなどの鳥獣被害に遭う恐れもありますので、早めの対処が必要です。

    状況確認:バルコニー

    ドレン部分
    配管増設

     バルコニーを確認したところ、排水のために段差が設けられていましたが、水はけが悪いようでした。ドレンは、バルコニー両端と真ん中に設置されていました。穴の開いていた部分の真上にあたりますが、穴部分には集水器はありませんでした。集水器が設置されていたのは、建物寄りの片端に1つのみでした。3つのドレンから排水された雨水は、バルコニー前面に設置された配管を通って1つの集水器へ集まり地上(排水溝)へ排水されています。今回の雨漏れは、ドレンと内部の配管の接合(○が付いている)部分から発生していました。

     今回の工事は、雨漏れ部分の修繕後、1つしかなかった集水器を増設しました。それにより雨水が流れる距離が短くなり、排水がスムーズになり滞留を防ぎます。囲っている部分が増設した部分です。このあと、バルコニー下の板を取り付けて、集水器も設置します。増設した集水器の雨水は、屋根からの雨水を排水する竪樋に合流するようにしました。

    工事完了

    有孔ボード使用

     使用した板は、耐火性が高く水にも強いケイカルボードです。「有孔ボード」も併せて使用することで、内部にこもりやすい湿気を逃してくれる通気対策になります。ケイカルボード取り付け後、ケンエースGⅡで塗装し仕上げます。この塗料は、外部や軒天などに適しており、ヤニ止め・浸み止めに効果を発揮します。湿気などにも強く、低汚染です。

     私たち街の外壁塗装やさんでは、引き続き新型コロナ対策として、手指の消毒・マスク着用の徹底など感染防止に努めております。オンラインでのお打ち合わせも承っておりますので、お気軽にお問合せください。


     記事内に記載されている金額は2022年03月19日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-07-01
      横浜市栄区本郷台でアパートの陸屋根を調査。ウレタン防水を再施工し雨漏りを防ぎます

       横浜市栄区本郷台で陸屋根の調査を実施いたしましたので、その様子をご紹介いたします。建物は築年数がかなり経過しているビルで、陸屋根のメンテナンスも築年数同様に長年行っていないため、防水層が傷んでいるようです。現状で、雨漏りの心配もあるため調査にて必要な工事を...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-06-26
      秦野市水神町にて劣化が深刻な幕板とクラック 早めの補修が必要です

       秦野市水神町にお住いのお客様宅へ、強風により浮いてしまった棟板金について屋根調査で伺いました。その際確認した外壁の症状についてご報告します。今回の棟板金浮きは、強風による被害のため火災保険を使用した工事となります。棟板金の復旧工事に必要な足場代は保険適用対...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-06-24
      藤沢市弥勒寺にて雨漏りが発生していた窓枠部分のシーリング補修を行いました

       藤沢市弥勒寺にお住いのお客様より、窓枠から雨漏りしているとのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。近年は、台風だけでなく「ゲリラ豪雨」や「線状降水帯」等の発生により、雨漏りに気付かれるお客様も多くなっています。今回は、窓枠のシーリング補修についてご報告しま...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ