横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 3種類の外壁リフォームを比較!「塗り替え・外壁カバー工法・張替え」ならお得なのは.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    columns
    01-19

     築年数とともに、外壁には汚れや傷みが目立ちはじめます。補修しなければ見た目の悪さや雨漏りの原因にもなるため、いずれ外壁リフォームが必要です。そこで選択肢にあがるのが「外壁塗装」や「カバー工法」、「張替え」という方法です。
     これらの3種類の外壁リフォームのうち、どれを選ぶべきなのでしょうか?また、コストパフォーマンスがいいのはどの方法なのでしょうか…?外壁の素材別に3つの外壁リフォームの方法を徹底検証していきます。

    texts columns

    【動画で確認「外壁の塗り替え・張り替え・外壁カバー工法」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    columns
    02-19-2
     外壁をメンテナンスするときに、第一の選択肢として挙がり、多くの方に選ばれるのが「外壁塗装」です。次いで、新しい外壁を上から貼り付ける「外壁カバー工法」、外壁を取り外して新しい外壁に張り替える「張替え」などが検討されます。
    simple
    03-18

     外壁リフォームは大がかりな工事となり、それにともなって費用もかかります。そこで気になるのは「コスパの良さ」ではないでしょうか。「できるだけ安く済ませたい」と考えると、一回にかかる工事費用を比べてしまいがちですが、今の工事代金だけでなく、今後のメンテナンス計画も合わせて考えることが大事です。
     築年数や外壁の耐用年数の状況によって、どれを選ぶとコストパフォーマンスが良いかは違います。街の外壁塗装やさんでは、「築30~35年」を目安とし、外壁リフォームのご提案をしています。
     外壁の耐用年数はおよそ35年程度のため、築30年程度までの外壁なら外壁塗装、築35年程度になったら外壁カバー工法か外壁の張替えを検討していただく…というようにおすすめしています。

     もちろん、どの方法がいいのかはコスパの良さだけで決められるものではなく、現在のお住まいの状況や「あとどのくらい住み続けるのか」などでも選ぶべき選択肢が変わってきます。
     今後も長く住みたい場合は、メンテナンスのしやすさもふまえて外壁カバー工法、もしくは張替えなどを考えていくといいでしょう。
     
    simple
    04-17-2

     窯業系サイディングは現在普及率が高い外壁材ですが、メーカーが想定している耐用年数は30~40年以上と言われています。しかし、この耐用年数は定期的にメンテナンスを行った場合の目安です。
     外壁塗装のメンテナンスをせずに、外壁の傷みや劣化を放置すれば、20年程度で寿命を迎えることも考えられます。経年劣化による傷みへのケアはもちろん、突発的なダメージへの補修も欠かせません。台風や地震により外壁が傷むことは多いですから、その都度補修することで耐用年数は延ばせるのです。
     外壁リフォームを行う際には、築年数をベースとしたうえで「これまで定期的にメンテナンスをしてきたか」「ダメージが起きたらその都度補修しているか」などのメンテナンス状況も合わせて最適な外壁リフォーム方法を考えることが大事です。

    texts

     次に、外壁塗装、外壁カバー工法、外壁の張替えのそれぞれについて、詳しく見ていきましょう。

    外壁塗装・外壁カバー工法・外壁の張替え
    貴方のお家に最適な外壁リフォーム診断 YES・NOチャート


    あなたのお家が「窯業系サイディング」の場合…最適な外壁リフォームは?

    columns
    05-16
     築30年を目安に外壁リフォームを検討することをおすすめします。チョーキングやサイディングの反り、隙間などの症状は気になるでしょう。劣化状況によって、外壁リフォームの緊急度が変わります。ご不安な点がございましたらいつでも街の外壁塗装やさんの無料点検をお試しください。
    texts

    あなたのお家が「モルタル外壁」の場合…最適な外壁リフォームは?
    columns
    06-17

     モルタルの場合、クラックの症状をチェックしてみましょう。劣化の状態によって緊急度も変わりますが、築30年未満でもひどく傷んでいるときには早めに対処しましょう。ご不安な点があれば、街の外壁塗装やさんの無料点検をぜひご活用ください。


    あなたのお家が「金属サイディング」の場合…最適な外壁リフォームは?

    columns
    07-14
     金属サイディングの場合も、築30年を目安に外壁リフォームを検討したいところです。ただ、住まいの劣化状況によっても異なります。チョーキングはもちろん、錆や穴など見た目で分かる劣化があれば、街の外壁塗装やさんの無料点検をお試しください。

    点検・お見積りは街の外壁塗装やさんへ

    「外壁塗装・外壁カバー工法・外壁の張替え」の費用と耐用年数をそれぞれ比較

    columns
    a8a86358455136047e65b932c476f0b3

     まずは、施工費用を比較してみましょう。最も安い費用でリフォーム可能なのは塗装です。「総2階25坪」という一般的な戸建住宅の場合、シリコン塗料での塗装なら60万円程度、無機塗料(耐用年数が20年以上の高寿命塗料)での塗装なら80万円程度で工事ができます。
     一方、外壁カバー工法なら150万円程度、外壁の張替なら180万円程度はかかるでしょう。外壁塗装と比べると2倍~3倍も高い費用がかかります。

     次は、耐用年数を比べてみましょう。外壁塗装の場合、使用する塗料で耐用年数は異なりますが、次の塗装までの期間が10~25年ほどです。耐久性の高い塗料を選ぶほどに寿命は延びます。
     一般的に、「外壁がそろそろ寿命」「クラックやひび割れ、剥がれなどが見られる」など外壁材が劣化したときは、カバー工法や張替えを検討します。新しい外壁材になるので耐用年数が長く、30~40年ほども使えるでしょう。ただし、定期的にメンテナンスを行った場合の「外壁材」の耐用年数です。素材や劣化具合をチェックしながら、適切なメンテナンスをしていきましょう。
     「費用」と「耐用年数」の関係性を見ると、費用が安いほど寿命が短め、費用が高くなるほどに寿命が長いということになります。

    columns
    10-15
    「外壁塗装・外壁カバー工法・外壁の張替え」のそれぞれの特徴とは?

    最もリーズナブルなのは「外壁塗装」

    simple
    11-16
     外壁塗装は、外壁リフォームのなかでも最もリーズナブルな方法です。防水性を失った外壁への塗装ですから、防水機能を復活させることができるでしょう。ただし、「目立った劣化がなく健全な状態」か「補修ができる程度の軽度な劣化」という場合に可能な方法です。クラックなどの傷みがあれば、そのまま塗装はできないため、先に補修をします。
     塗料の種類と耐用年数によって、外壁塗装のタイミングは異なります。塗料のなかでも人気のあるシリコン塗料は10年前後、無機塗料は20~25年が塗り替えの時期と言われています。新しい屋根材を準備しなければならないカバー工法や張替えと比べると、塗料を使ったメンテナンスとなり、コストも工期もあまりかかりません。
    columns
    66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-32

    コストも寿命も程よいバランスの「外壁カバー工法」

    simple
    16-16
     築年数がある程度経ち、外壁材の寿命がそろそろ近づいてきた場合にはカバー工法を検討されることがあります。今ある外壁材はそのままの状態で、新たな外壁材をカバーしていきます。「新・旧」と二重の外壁となり、断熱性と遮音性も期待できるでしょう。
     また、古い外壁を撤去せずに済むため、廃材処理費もほぼかかりません。「新しい外壁材を取り付ける」という意味では、外壁の張替えと同じかもしれませんが、撤去が不要のカバー工法の方がリーズナブルです。
    columns
    2-23

    下地も一新できる「外壁の張替え」

    simple
    20-12
     「すでに外壁の寿命を越えた」「補修ができないほど外壁が傷んでいる」など、外壁カバー工法で対応できないときには、外壁張替えが必要です。古い外壁を取り外した後、防水紙などの下地材も交換することができます。また、これまでと違った外壁材を選べば、見た目のイメージチェンジをすることも可能です。
    columns
    3-16

    「外壁塗装・外壁カバー工法・外壁の張替え」のそれぞれのメリット・デメリット

    columns
    25-8

    「外壁塗装」のメリット

    安い費用での施工が可能

    耐久性の高い塗料を選べば20年以上の耐用年数が期待できる


    「外壁カバー工法」のメリット

    張替えよりも安く施工できる

    外壁張替えより低コストなのに、耐用年数は同じくらい


    「外壁の張替え」のメリット

    外壁がすべて新しくなるので、暮らしに安心感が出る

    防水紙などの下地材が新しくなり、雨漏りの悩みもなくなる

    26-9

    「外壁塗装」のデメリット

    補修不可能なほど外壁が傷んでいれば外壁塗装はできない

     


    「外壁カバー工法」のデメリット

    傷みがひどく外壁の強度が弱っている場合の施工は難しい

     


    「外壁の張替え」のデメリット

    外壁リフォームのなかでも施工費用が高い

    モルタルの外壁には施工できない


    texts

    既存外壁材の種類によっては、外壁リフォームの方法が制限される…!?
    主流の外壁材の特徴、対応可能な外壁リフォームについて

    simple
    27-7

     ここまでご説明したように、外壁リフォームには「外壁塗装」「外壁カバー工法」「外壁の張替え」という3つの方法があります。ただ、このうち「張替え」は既存の外壁材によっては選ぶことができません。
     既存の外壁材が窯業系サイディングや金属サイディングなら、サイディングボードですから張替えが可能です。しかし、既存外壁が塗り壁のモルタル外壁の場合、上に重ねるカバー工法は可能なのですが、「張替え」はできません。
     モルタル外壁の場合、「既存外壁の上に塗装する」か「既存のモルタル壁の上にサイディングを張るカバー工法」のどちらかを選ぶか、もしくは既存の壁を撤去してサイディングを張る方法になります。

    texts

    各種外壁の外壁リフォーム対応表

    columns
    28-6

    モルタル外壁の特徴~外壁の張替えだけが不可

    simple
    29-6

     セメントに砂を混ぜて練ったモルタルを壁に塗り付けて「モルタルの外壁」が仕上がります。
     ボード状の素材を張るわけではないため、もちろん繋ぎ目もありません。張替えはできませんが、既存のモルタル外壁に新しい外壁材を張るカバー工法は可能です。

    texts

    窯業系サイディング~塗装・カバー工法・張替えの全てが可能 

    simple
    30-8

     窯業系サイディングは、セメントに繊維を混ぜ固めたものです。柄や模様のバリエーションが豊富で外壁材のなかでも人気があります。
     窯業系サイディングは、カバー工法も張替えにも対応できます。カバー工法の場合、二重の外壁で家全体が重くなることを考慮して、既存の窯業系サイディングではなく、軽い金属サイディングを選ぶことが多いです。

    texts

    金属サイディング~塗装・カバー工法・張替えの全てが可能

    simple
    31-6

     最近、注目され、シェアも高まっているのが金属サイディングです。
     洋風な雰囲気のレンガ調やブロック調、落ち着いた雰囲気の木目調など、デザインのバリエーションが増えました。「軽量」という大きな特徴があり、カバー工法の際に選ばれることが多い外壁材です。

    texts

    外壁カバー工法or張り替え…どちらに向いているかは外壁材の重さで異なる

     外壁のカバー工法や張替えでは、「これまでと違った外壁材にしたい」という方も多いかもしれません。ただ、注意したいのは外壁材の重量です。
     そもそも、柱など住まいの構造となる部分は、外壁材や屋根の重さを支えるために本数が計算されています。新たに重い外壁材を選ぶと許容範囲外となり、地震時の負荷も大きく耐震性が弱くなってしまう恐れがあります。

    columns
    32-6
    33-5
    texts

     たとえば、1㎡あたり約17.3kgの窯業系サイディング。張替えの場合は大丈夫なのですが、既存の外壁材に上乗せされるカバー工法には不向きです。外壁カバー工法の場合、窯業系サイディングよりもだいぶ軽い金属サイディングを選ぶといいでしょう。

    columns
    34-7

    外壁リフォームはどの方法がベスト!?
    街の外壁塗装やさんでは、築30年程度までは「外壁塗装」、築35年を越えたら「外壁カバー工法」か「外壁の張替え」をおすすめしています

     外壁の耐用年数となる築30年程度までは外壁塗装のメンテナンスをする、それを越えたら外壁カバー工法か張替えをするという考えが一般的です。街の外壁塗装やさんでも、築年数30~35年を目安として、外壁リフォームの方法を選ぶことをおすすめしています。

    simple
    35-7-2

     また、築数十年が経過した家は、外壁はもちろん、住まいのあちこちのリフォームが必要となってくるでしょう。そこで考えたいのが「この家にあと何年住むか」ということです。自分が住む、子供に住んでもらうなど、誰かがこれからも長く住み続けることを想定しているなら、外壁カバー工法や張替えをおすすめします。施工後、定期的にメンテナンスを行っていくと、30~40年は住み続けることができます。
     対して、「あと10年ほどしか住まない」と今後の居住予定が短期間なら、カバー工法や張替えで数百万もかける必要はありません。シリコン塗料での外壁塗装なら約60万円程度で済みます。

     

     街の外壁塗装やさんでは、現在の外壁の状況だけでなく、これからのライフプランもふまえながらベストな外壁リフォームをご提案しています。

    texts

    築75年でも居住ができる!?
    今のお住まいに長く住むためのおすすめプラン

    columns
    e929d108bd04360a653d5fa176b57d9f
    ※物価の変動、および消費税などの変更がなかったと仮定した場合

    外壁の塗り替えと張り替え、外壁カバー工法のまとめ
    • ・外壁リフォームの方法には「外壁塗装」「外壁カバー工法」「外壁の張替え」の3つあります。外壁塗装はリーズナブルで、カバー工法と張替えはかなり高額です。

    • ・窯業系サイディング、金属形サイディングのどちらも外壁カバー工法と張替えに適しています。ただ、モルタル外壁の場合、カバー工法は可能ですが張替えは不可です。

    • ・防水紙など外壁の下地も新しくなるのが外壁の張替えです。すべて新しくなるので、長期的に安心感が得られます。

    • ・築数十年経った家の外壁リフォームの場合、「これからどれだけ住むか」という長期的な目線で考えましょう。

    • ・外壁の寿命は素材によって耐用年数の目安がありますが、メンテナンス不足で寿命は縮まります。不具合には早く対処することが大事です。

    • ・耐用年数の長い塗料を選べば塗装頻度も減るため、最終的なコストをおさえることができます。

    街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

     街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイト へ移動します。

    街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

     街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

    お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ