横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 人気の外壁材「ジョリパット」を外壁塗装でいつまでも綺麗に保つコツと注意点

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    headlinesheadline

    人気の外壁材「ジョリパット」を外壁塗装でいつまでも綺麗に保つコツと注意点

    columns
    人気が高い世界に1つだけの外壁材ジョリパット
     「ジョリパット」は、アイカ工業から発売されている塗料名です。直線や扇形などさまざまな模様やパターンを描ける外壁材で、似ている印象があっても完成すれば「世界に1つだけの外壁」になります。おしゃれでオリジナリティ溢れる仕上げで人気が高い外壁材です。
     また、外壁塗装などのメンテナンスをすることで50~60年程度の寿命を誇る耐用年数の長さも魅力と言えるでしょう。今回は、ジョリパットがどんな外壁材か、そしてメンテナンスの時期なども詳しくお伝えしていきます。
    texts columns

    【動画で確認「ジョリパット」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    headlinesstrapline

    せっかく選んだ「ジョリパット」
    外壁塗装をしっかりやって長持ちさせたい!

    texts
     ジョリパットを選ぶとき、ほかの外壁材では実現できないような意匠性に期待をしている方も多いのではないでしょうか。
     サイディングやモルタル壁とはひと味違った風合いを長持ちさせたいものですよね。その素敵な外観を長く味わえるように外壁塗装などでしっかりお手入れしてあげましょう。
    columns
    こだわりぬいて選んだ外壁塗材ジョリパットしっかりとお手入れをして長持ちさせてあげましょう
     一般的な住宅で採用される外壁材には、窯業系サイディングや金属サイディング、モルタル外壁があります。ジョリパットは、それらよりも耐用年数が長く50~60年程度とも言われています。
     ただし、外壁塗装などでしっかりとメンテナンスするのが条件です。せっかくこだわりぬいた外壁塗材ですから、必要なお手入れをして長持ちにつなげましょう。
    columns
    ジョリパットは50~60年程度の耐用年数があるとも言われています
    texts texts

    そもそも「ジョリパット」とはどんな外壁材なの?

     ジョリパットは、フランス発祥の塗り壁材です。モルタルや漆喰のような粘性のある半固形物の塗り壁材です。それをモルタルの下地に塗って仕上げていきます。

    columns
    ジョリパッドは半固形物の塗り壁材、モルタルの下地に塗って外壁を仕上げます
     サイディングなどの既製品を取り付ける「乾式工法」に対し、ジョリパッドは水を使って資材を練り、現場で塗って仕上げる「湿式工法」です。
    columns
    サイディングなどの既製品を取り付ける「乾式工法」
    ジョリパットは水を使い資材を練って塗る「湿式工法」
    texts
     ジョリパッドの最大の特徴は、さまざまパターンや模様を描いた外壁が仕上がることです。180種類のカラーと100種類以上のパターンがあり、世界にひとつだけの外壁となります。
    columns
    180種類のカラー
    ※アイカ工業HPジョリパットカタログ画像より一部抜粋
    columns
    100種類の以上のパターン
    ※アイカ工業HPジョリパットパターン一覧画像より一部抜粋
    texts columns
    ジョリパットの基本的なメンテナンスは定期的な洗浄と外壁塗装
     ジョリパットの基本的なメンテナンスは、定期的な洗浄と外壁塗装です。
     定期的に行いたいのは、手洗いによる洗浄です。柔らかいブラシを使い、優しく水洗いしましょう。汚れが落ちにくいときは、“中性洗剤を薄めたもの”で軽く洗います。注意したいのは、「洗い流すときは洗剤が残らないようにする」ということです。
    columns
    基本的には水洗いで柔らかいブラシで力を入れずに洗浄
     水汚れでは落ちない場合、もしくはある程度築年数が経過してきた場合などは、外壁塗装でメンテナンスをしましょう。
    columns
    汚れ落ちが悪い、築年数がある程度経過した場合外壁塗装でメンテナンス
    texts columns
    こんな状態になったらジョリパットの外壁塗装を検討しよう
     ジョリパッドは最近人気がある外壁塗材のため、ネットや業者の方などからさまざまな情報を見聞きすることもあるでしょう。
     ジョリパッドの外壁塗装時期については「築5~8年程度」や「築10~15年程度」など意見がバラバラです。しかし、塗装のタイミングはネットだけの情報に惑わされず、実際の外壁の状態や立地環境などからお住まいに合わせたご判断をすることをおすすめします。次に、塗り替えを検討した方がいい状態をいくつかご紹介します。
    columns
    外壁塗装は実際の状態と立地や環境を見て検討
    texts texts
    texts
     ジョリパットの外壁塗装の目安の一つが「色褪せ」です。一気に褪色するわけではないため、色褪せていることになかなか気づかない人も多いです。
     それに、ジョリパットの中には30年経ってもほとんど色褪せない「ジョリパットインフィニティ」というものもあります。ひとまず、築10年程度を目安に、新築時と色がどう変わっているか点検してみましょう。
    columns
    外壁の褪色はゆっくりと進み気付きにくい
    texts
    texts
     本来、塗膜は水を撥水する役割があります。外壁の表面に水が残っている場合、塗膜の防水性が落ちている証拠です。外壁塗装で塗膜の機能を復活させるべきタイミングと言えるでしょう。
     撥水機能をチェックするには、雨があがった後に外壁にどの程度水が残っているか、もしくは晴れた日に水で外壁を濡らしすぐに乾くかどうかをチェックしてみてくださいね。しばらく経っても水の跡があれば、防水性が衰えているため塗装の検討時期と言えるでしょう。
    columns
    撥水性が低下してしまっている
    columns
    雨で濡れた 跡がいつまでも残ってしまう
    texts
    texts
     ふだんのお手入れとして「手洗い」がありますが、汚れが落ちにくくなれば、塗膜の防汚性が弱っているサインです。光触媒で塗装されたジョリパットの場合、防汚性は長く続くかもしれません。いずれにしても、防汚性はいつか衰えるため、手洗いでも汚れが落ちなければ塗装を検討しましょう。
    columns
    付着した汚れがなかなか落ちない
    texts
    texts
     塗膜の防水性が落ちると、藻や苔、カビなどが発生することがあります。ただ、藻や苔、カビは「湿気が多い箇所」などの環境的な要因が絡んでいる可能性も考えられます。
     例えば、「日当りが悪いところにだけ発生している」という場合なら、環境的な要因かもしれません。しかし、藻や苔、カビが広がりを見せるようであれば、全体的な塗膜の劣化でしょう。外壁塗装の時期とお考えください。
    columns
    藻や苔が発生している
    columns
    広い範囲に藻や苔、カビが繁殖している
    texts
    texts
     ジョリパッドは、雨水を吸収するとわずかに膨張し、雨水が乾燥すれば収縮して元に戻ります。「膨張と収縮」は繰り返されますが、塗膜がそれに耐えられなくなればひび割れてしまうでしょう。クラックは放置するほどにどんどん箇所が増えるものです。なるべく早めに外壁塗装を検討した方がいいでしょう。
    columns
    ひび割れしている
    columns
    大小のクラックが数か所に発生している
    texts texts
    simple
    模様部分に亀裂
     表面に凸凹をつけてさまざまなパターンやテクスチャーを表現するジョリパット。
     しかし、凹凸部分には水が溜まりやすい特徴があります。劣化しているのに放置をすると、部分的にパターンごと剥がれ落ちることもあります。修復するのには技術力が必要で、費用もかかるでしょう。
    columns
    パターン部分が剥がれ落ちてしまっている
    columns
    ジョリパットの外壁塗装の施工方法と最適な塗料
     ここまでお伝えしたような症状があったら外壁塗装をご検討ください。ただ、ジョリパッドは一般的な外壁材とは違う部分も多いです。
     ジョリパッドの特徴を知り尽くしたうえで塗装をしなければ、後々、外壁にトラブルが起こるケースもあるでしょう。そこで注意したいのが業者選びです。次に、ジョリパッドの塗装で注意したいポイントをいくつか紹介していきます。
    columns
    ジョリパットを知り尽くした信頼できる業者をえらびましょう
    texts texts
    texts
     塗装前に欠かせない高圧洗浄ですが、ジョリパットは「高圧水流に弱い」という特徴があります。高圧で水をかけて洗ったばかりに、「パターンの凹凸が剥がれ落ちた」「水分を大量に吸水した」などのケースもあるでしょう。ジョリパッドに合わせた適切な水圧での洗浄が求められます。
     ただし、劣化の状態によって耐えられる水圧は変化します。どの程度の水圧までなら耐えられるかという具体的な数値はないため、「業者の豊富な経験」と「鋭い勘」によりなし得る業と言えるでしょう。
    columns
    ジョリパットは適切な水圧で丁寧に洗浄していく必要があります
    texts
    texts
     透湿性の低い微弾性塗料や弾性塗料は、吸水性が高いジョリパッドには適していません。これらの塗料を外壁塗装で使用すると、外壁材の内部に入り込んだ水が水蒸気となるときに、塗膜を通過できない水蒸気が膨れてしまいます。
    columns
    透湿性の低い塗料
    透湿性の高い塗料
    texts
     ジョリパッドは、モルタル外壁と同じようにクラックが起こりやすい特徴があります。隙間に追従させるために弾性塗料で塗ると良さそうですが、絶対にNGなのが「透湿性の低いもの」です。塗料を選ぶときには「透湿性が高い塗料」を意識しましょう。
    columns
    ジョリパットは透湿性が高い塗料との相性が良い
    texts
    texts
     ジョリパットのメーカーであるアイカ工業では、ジョリパッド専用の塗料「ジョリパットフレッシュシリーズ」を発売しています。ジョリパッドの表面の質感と風合いを活かすために造られた塗料で、艶がおさえられています。150色近くものカラーラインナップでお好みの色が見つかるでしょう。
    columns
    AICAジョリパットフレッシュ
    columns
    低汚染アクリル樹脂塗料
     塗料特有のテカリがある低汚染アクリル樹脂塗料の場合、ジョリパットの質感が損なわれるでしょう。
    ジョリパットフレッシュ
     砂壁のような風合いに仕上がり、上質な印象となります。塗装後には、ジョリパット本来の質感が蘇るでしょう。
    columns
    低汚染アクリル樹脂塗料の質感
    ジョリパットフレッシュ写真
    texts
    ※アイカ工業HPジョリパットカタログより一部抜粋
    texts
    texts
     ジョリパッドに艶が欲しいという方もいるでしょう。外壁塗装メンテナンスでは、さまざまな希望があるかと思います。メーカーの専用塗料の良さはありますが、それ以外でももちろん可能です。
     ただ、塗料選びは「ジョリパッドの特徴」を理解したうえで選びましょう。お伝えしたように、透湿性の低い微弾性塗料や弾性塗料は膨れの原因にもなるため、避けるべきです。塗料選びでは、「透湿性の高さ」にも注目して塗料を選んでくださいね。
    columns
    メーカーの専用塗料以外でも外壁塗装可能!できるだけ透湿性の高い塗料を選びましょう!

     外壁塗装の相談で、「ジョリパッドの風合いを損ないたくない・艶が欲しい」と伝えれば、ジョリパッドの塗装に慣れている業者ならきちんと提案をしてくるはずです。
     ジョリパッドのメーカー専用塗料はもちろん、ほかのメーカーでもジョリパットに合った塗料はあります。透湿性の高い塗料を提案されるでしょう。しかし、それ以外を勧めてくるなら、ジョリパッドを理解していない業者です。


    ジョリパットの外壁塗装も街の外壁塗装やさんにお任せください

     昔は、塗装業者を依頼するときには「丁寧に作業をしてくれるか」を重視していたと思います。しかし、外壁材が多様化した現在では、いかに「外壁材や塗料を熟知しているか」も業者選びで重要なポイントです。専門的な知識が深いからこそ、外壁や塗料に合ったベストな仕事をすることができるでしょう。

    columns
    ジョリパットなど、専門的な知識が求められる外壁塗装もお任せください
    texts columns

    街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

     街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイト へ移動します。

    街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

     街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

    お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ