横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 南足柄市広町にて外壁調査 周りの木々の影響によるものか苔が目立ってきました

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    南足柄市広町にて外壁調査 周りの木々の影響によるものか苔が目立ってきました

    更新日:2022年5月25日

     南足柄市広町にお住いのお客様より、屋根修理のご依頼で現地調査へ伺いました。私たち街の外壁塗装やさんでは、現地調査の際に建物全体の点検も行わせていただいております。写真と併せてご説明し、現在お困りの部分について最適なメンテナンス方法をご提案するとともに、近い将来必要なメンテナンスについてもご案内しています。今回は、外壁点検の結果について簡単にご報告いたします。

    苔の発生

    苔発生

     窯業系サイディングの表面を緑色にしているものは「(こけ)」です。外壁が白いほど目立ってしまいます。スタッコ調のデコボコした素敵なデザインですが、このデコボコした部分に水が溜まりやすくなり苔が発生してしまいます。外壁表面の塗膜が劣化してくると、苔や藻等に対する保護機能が損なわれてしまうため繁殖が進行していきます。

    苔が発生しやすくなる原因

    苔
    木々

     苔が発生する原因として、外壁塗膜の劣化はもちろんですが、発生しやすい条件や環境があります。まずは、陽当たりの問題があります。北側で直射日光が当たらない場所だったり、風通しが悪く湿気が溜まりやすい場所では苔が発生しやすくなります。周りに自然が多い場合も、苔の胞子が外壁に付着することで繁殖します。今回点検させていただいたお客様宅の周りには、緑が多く木々がある環境でした。

    異素材の合わさる部分

    窓枠部分
    外壁と庇取り合い

     今後近いうちにメンテナンスが必要な部分として、窓枠や小庇と外壁の合わさる部分(取り合い)の補修をご案内しました。チョーキング現象も確認され、コーキングの上に塗られている外壁塗料がメリメリと剥がれてきています。塗料の下のコーキングの劣化も進んでいますので、他の目地の劣化が進んできた場合はコーキングの打ち替えで外壁塗装がおすすめとなります。

     私たち街の外壁塗装やさんでは、引き続き新型コロナ対策として、手指の消毒の徹底・マスク着用など感染防止に努めております。

    参考価格

    ●シーリング打ち替え935円/ⅿ~
    ●外壁塗装工事 シリコン塗料で塗り替え 657,800円(税込み)~
    足場代・高圧洗浄・付帯部塗装・計3回塗り 総二階/25坪まで
    最低8年の保証付き ※保証内容は塗料とお住まいの状態により変わります


     記事内に記載されている金額は2022年05月25日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ