横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市緑区三ケ木でモルタル外壁の亀裂をコーキング補修してから塗装工事

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市緑区三ケ木でモルタル外壁の亀裂をコーキング補修してから塗装工事

    更新日:2022年11月3日

     相模原市緑区三ケ木にお住まいのお客様より、外壁の亀裂が目立つようになったため調査をしてほしいとご相談をいただきました。お住まいのモルタル外壁には大きな亀裂から小さな亀裂まで多数発生しており、早めのメンテナンスが必要な状態です。コーキング補修を行ってから外壁塗装工事を施工いたしましたので、その際の様子をご紹介します!

    モルタル外壁の亀裂の様子

    モルタル外壁は亀裂が発生しやすい?

     モルタル外壁はセメントをベースにつくられているため吸水性が高く、塗膜が経年によって劣化すると防水性が失われ雨水をモルタル外壁が吸い込みやすくなります。吸水したモルタル外壁は膨張し、乾燥時に収縮するため外壁がその際の変化に耐えられず、亀裂やクラックが発生してしまうのです。
     またモルタル外壁は塗り壁材であるため目地や継ぎ目がなく、見た目がすっきりしているという利点があります。しかし逆に目地がないことによって地震などで建物が揺れ動いた際、コーキングによる衝撃緩和ができないという点も亀裂が発生しやすい理由の一つです。
     亀裂が発生しないよう防ぐには定期的に塗装メンテナンスを行い、外壁表面の防水性を維持してあげることが大切となります。

    コーキングとは?

     コーキング(シーリング)とは防水性に優れた、ゴムのような弾性を持つ充填剤です。雨水がお住まいの内部へ入り込まないよう、お住まいの様々な隙間を埋めるために使用されています。この雨漏りを防ぐという役割の他、窯業系サイディング外壁などでは持ち前の弾性を活かしてサイディングボード同士が衝突してひび割れてしまわないよう防ぐ、緩衝材としての役割も担っておりお住まいにとっては欠かせない存在です。

    亀裂のコーキング補修の様子をご紹介

    カッターでV字カット
    充填部を事前に綺麗に

     それではコーキング補修の様子を見ていきましょう。モルタル外壁の亀裂を放置してしまった場合に考えられるのが、隙間から雨水が内部へ入り込み、外壁等を劣化・腐食させたり雨漏りが起きてしまうことです。そのため大きな亀裂は早いうちに隙間をコーキングによって埋める必要があります。
     コーキングを充填する前には、外壁とコーキングの密着力が高まるよう処置を施すことが大切です。左側の写真は、まずはコーキングが奥まで充填されるよう、カッターを使用してV字に切り込みを入れている様子です。切り込みを入れたら、次は粉や汚れ等をしっかり落としていきます。

    コーキング材を充填
    コーキングを均します

     コーキング材を十分に打ち込める状態になったら、コーキング材を亀裂へと充填ししっかりと均していきましょう。

    コーキング充填後
    塗装で亀裂が目立たなくなりました

     亀裂にコーキングを打ち込んでいくと左側写真のようになります。このままではコーキングの補修後が目立ってしまいますが、塗装によってグッと目立ちづらくなるためご安心ください。
     下塗り、中塗り、上塗りと3度の塗装工程を経て、モルタル外壁の亀裂補修と塗装工事は完了となります!塗装を行ったことで外観も綺麗になったほか、モルタル外壁に防水性が保たれ亀裂が発生しにくい外壁へと生まれ変わりました。

    使用塗料は日本ペイントさんの「パーフェクトトップ」

     モルタル外壁の塗装に使用させていただいた塗料はラジカル制御型塗料のパーフェクトトップです。ラジカル制御型塗料はラジカルという塗料の劣化を促進する物質の発生を制御する技術が採用されており、コストを抑えながら高い耐久性を実現することのできる塗料となっています。
     私たち街の外壁塗装やさんではお客様のご要望に沿った塗料選択をしていただけるよう様々な塗料を取り扱っており、ラジカル制御型塗料を使用した外壁塗装工事は税込690,800円から承っております。現地調査も無料で実施しておりますので、モルタル外壁の亀裂補修や塗装をご検討の際にはお気軽にご相談ください。新型コロナウイルス対策としてマスクの着用・体温管理も万全に行い、調査・工事を行わせていただきます!


     記事内に記載されている金額は2022年11月03日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイト へ移動します。

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

      お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-11-28
      横浜市青葉区大場町にてモルタル外壁の調査を行いました

      モルタル外壁  横浜市青葉区大場町にお住まいのお客様より、築10年以上が経過して外壁の状態が気になってきたので、点検と必要なメンテナンスの見積もりをお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。外壁はモルタル外壁の...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-11-27
      横浜市都筑区茅ケ崎東にて外壁から雨漏りが発生しているお住いの調査に伺いました

      築20年で5年程前にリフォームを行っているようです  横浜市丸々区丸々町にて雨漏りが発生しているとお問合せをいただきました。お住いの外壁材は窯業系サイディング外壁でした。詳しくお話しを伺いますと築20年程度で5年ほど前にリフォームを一部...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-11-22
      逗子市桜山にて外壁調査!裂けたコーキングの中にある青いテープの正体は?

       逗子市桜山にお住まいのお客様より外壁塗装のご依頼をいただき、現地調査にお伺いいたしました。築13年ということでサイディング外壁の目地に充填されたコーキングの劣化が著しく、裂けてしまって内部にある青いテープが露出している状態でした。この青いテープについて、調...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ