横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市緑区雨漏りの原因が特定できない場合は散水試験

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市緑区雨漏りの原因が特定できない場合は散水試験

    更新日:2016年5月11日

    相模原市緑区の工場より雨漏りのご相談があり、まずは雨漏り調査へ伺いました。

    IMG_1452

    大雨や台風になると屋内へ雨水が浸入してくるそうです。それでは調査に入ります。

    漏水部外部 漏水部内部

    こちらが雨漏りしてくるところだそうです。屋内には雑巾を養生テープでとめてダイレクトに落ちてこないように防いでおります。

    亀裂① 亀裂②

    亀裂③ 亀裂③拡大

    建物の地面に近い辺りには複数の亀裂が発生しており、補修した痕が見られます。

    亀裂④ 亀裂④拡大

    シールで補修してあるようですが、新しい亀裂も出来ているようです。

    意匠 意匠拡大

    建物はALCで造られていることが分かりました。上を見上げると建物の意匠が平行に2段になって取付けてあります。

    シール劣化① シール劣化②

    シール劣化③ シール劣化③拡大

    雨漏りしている丁度真上の窓より下を除きます。すると意匠のジョイントに使用されているシールの劣化を見つけました。1段目も2段目もシールに亀裂が入っている状態です。この意匠の天端は大雨や台風の際は雨水がこの上に溜まりやすいです。その分、他の外壁と比べて塗膜やシールの劣化が早い可能性があります。意匠の部分に打ってあるシールは他の箇所もこのように亀裂が入り中の白いシール材自体が見えている状態でした。このように雨漏り候補がいくつもある場合は、まず散水試験を行い原因を特定する必要があります。ご担当者様へご報告し、次回は散水試験を行います。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-11-20
      横浜市保土ケ谷区瀬戸ヶ谷町でサイディングの外壁を点検しました

      サイディング外壁を点検します  横浜市保土ケ谷区瀬戸ヶ谷町にお住まいのお客様より、外壁の状態を点検して欲しいとのご要望をいただき点検をいたしました。外壁は窯業系サイディングとタイルの仕上げが複合になっている状態でした。築年数は20年程と...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-11-15
      横浜市鶴見区下末吉でサイディング外壁の目地の劣化を確認しました

      外壁塗装の際には目地のコーキングも打ち替えましょう  横浜市鶴見区下末吉にお住まいのお客様より外壁塗装を考えているので状態を確認してほしいと現地調査のお問合せをいただき、現地にお伺いしてきました。確認したところ、外壁は窯業系サイディング...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-10-15
      横浜市港北区鳥山町で外壁からの雨漏りを調査してきました

      台風のように強い風を伴う雨のときだけ雨漏りする  横浜市港北区鳥山町にお住まいのお客様より、台風などの強風を伴う雨の際に雨漏りを起こしてしまっているので、先ずは状況を確認に来て欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ