横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港南区丸山台のお住まいでは、スレート屋根材同士の隙間が少なく、スレートが水.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港南区丸山台のお住まいでは、スレート屋根材同士の隙間が少なく、スレートが水を吸いやすい状態になっていました

    更新日:2021年5月24日

    屋根材同士の境目に黒い線が入っているようにみえます

     横浜市港南区丸山台にお住まいのF様より、スレート屋根の塗装をご検討中とのお問い合わせを頂きました。築25年のF様のお住まいは以前にも一度、屋根の塗装を行っているとお話しして頂きました。調査のため現地にお伺いし、屋根に上らせていただくと、綺麗な赤色をした屋根材の端の部分が黒ずんでいるように見えました。経年による劣化とも言えるかもしれませんが、他にも原因があると考えられます。

     

    黒い線の原因

     

    水が滞留してしまっているようです 屋根材の隙間が不十分です

     近づいて見てみると、屋根材の端部では水を含んでしまっているようでした。スレート材を使用した屋根では、屋根材の下に水が入り込んでしまっても、上から下へと流れていくように屋根材が重なる箇所には隙間が設けられています。しかし、こちらのお住まいでは、右上の写真のように屋根材が重なる箇所に隙間がほとんど無い箇所が多くありました。こういった箇所で水が滞留することでスレートが水を吸い上げてしまうようになります。

     

    屋根材が傷むことで雨漏りの危険も

     

    スレート材同士の縦の境目も黒ずんでいます 塗装が剝がれ基材が露出しています

     また、スレート材同士の境目の部分でも黒ずみが確認できます。下へと流れることが出来なくなった雨水は、毛細管現象によって重力に逆らい狭い隙間を上っていきます。それにより、屋根材の裏には更に水が溜まりやすくなります。そういったことが続くことで屋根材の傷みも進むことで右上の写真のように、塗装が剝がれてスレート材の基材が露出してしまったりすることがあります。屋根材の裏に水が溜まっているということは、雨漏りが発生する危険も高まっているということなので早めに対処することが必要です。

     F様には、お住まいの築年数や屋根の状態も含めて考えると、屋根塗装を行うよりも、屋根葺き替え工事屋根カバー工法工事を行うことをご提案致しました。

     

     なお、街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、調査、点検、工事は安心してお任せください。


     記事内に記載されている金額は2021年05月24日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-06-21
      横浜市栄区上郷町にてチョーキング現象が発生しているお住まいに調査に行きました

      サイディング外壁にチョーキング現象が発生しています  横浜市栄区上郷町にて外壁と屋根の調査のお問い合わせをいただきました。ではまず外壁の調査から行っていきましょう。お客様のお住まいは窯業系サイディングの外壁を使用していました。窯業系サイ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-06-03
      横浜市緑区鴨居にて外壁が経年により黒ずんできていました

      横浜市緑区鴨居にお住いのお客様より、屋根の棟板金についてご相談をいただき点検に伺いました。その際、外壁が黒ずんできたとのお話もあり、併せて点検させていただきましたのでご報告します。 外壁の状態  サイディングの外壁は全...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-06-02
      川崎市麻生区上麻生にて 経年によるシーリングや外壁材の傷みが発生

       川崎市麻生区上麻生にお住いのお客様より、外壁と屋根のメンテナンスをご検討中ということで現地調査のご依頼をいただきました。スレート屋根材や、窯業系サイディング外壁は、築10~15年でメンテナンス時期を迎えます。劣化や傷みのある個所は補修を行い、塗装メンテナン...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ